ブームのホットヨガ

ブームのホットヨガ

ホットヨガは、高温多湿を利用してヨガを行なうことをいいます。室温が38〜40℃、湿度が60%という、ほとんど快適とは言いがたい環境で行なわれます。

 

 

 

このような環境のなか、ハタ・ヨガで汗をたくさん出すことで、老廃物も一緒に排出することができるのです。

 

 

 

一方、一般的にいわれているヨガは普通の温度で行ないます。とくに室温の指定はなく、自分が快適だと思う温度でいいようです。このふたつの違いは、室温にあります。

 

 

 

 

ホットヨガのように温度が高いことで、体温があがりストレッチするにも血流がいい状態で行なわれます。そのため常温でエクササイズするよりも、脂肪が燃焼しやすい状態をつくり、筋肉もやわらかくなり、体も動かしやすくなるのです。

 

 

 

さらに、ストレッチ後の筋肉を傷めることなく、ダイエットや発汗作用を促すことが可能です。

 

 

 

悪い老廃物や毒素を汗と一緒に排出できるので、肌荒れなどの美容効果もあるといわれているため、有名人を皮切りにいま、ブームの真っ最中のようです。