ホットヨガってどう違うの?

ホットヨガってどう違うの?

ホットヨガとは、室温38度湿度65%の環境のなかで行うヨガです。本場インドの高温多湿な環境を再現するんですね。

 

 

 

室温38度という環境は、人間の筋肉が最も伸縮しやすいといわれている温度で、また湿度65%は最も気持ちよく汗をかける湿度だといわれています。そういう環境の中で行われるヨガは、伝統的なヨガのポーズに筋力トレーニング的要素を少し加え、より体を強くし集中力を高めるといったふうに進化しています。

 

 

千歳烏山 整体

 

ですからヨガ初心者や、体がかたくで自信がないという人は、まずはホットヨガから始められてみてはいかがでしょう。室内環境のおかげで思ったより体が動き、筋肉の損傷などの可能性も少なくてすみます。ホットヨガをして驚くのは、体から出てくる水分の量。

 

 

 

1時間ほどのレッスンで2リットルほどの汗をかきます。汗をかくことによって体の中に溜まった老廃物を吐き出せるので、冷暖房完備のオフィスで働いていて最近汗をかくことが少ないという方にはぴったりのトレーニングです。