豊胸に使うシリコンバッグの表面はどんな感じ?

豊胸に使うシリコンバッグの表面はどんな感じ?

ずっとこれから体内に存在することになる人工乳腺のバッグですが、その内容物だけではなくて、その肌触りや表面はどんな感じなのか気になりますね。

 

また、いくら自然に仕上げるといっても、それは人体にとっては人工の異物に違いありません。そのために、これらのバッグをいれると体の自然な作用としてそのバッグの周囲に皮膜ができます。それが厚く堅くなると問題がでてきますので、個人差があることながら、豊胸に使うシリコンバッグの表面の素材にも気を付けてどんなものがあるのか、知っておいたほうがいいでしょう。コンデンスリッチ豊胸ならこちらがおすすめ。もともと使われていたのはスムースタイプといって、表面がつるつるしているタイプのものですが、これはそのバッグを囲んで皮膜ができる現象を最小限におさえるために、豊胸マッサージがかかせません。

 

 

すくなくても3ヶ月から6ヶ月は必要になるといいます。マッサージの際に引っかかることがないので、痛みがすくなく、今でも一番普及しているタイプです。その反面テクスチャータイプは故意に表面をざらざらさせることで、その皮膜がつくことをおさえることができるといいます。それならマッサージもいらないかもしれないと、最近注目を集めています。