インストラクターとして働く

インストラクターとして働く

今若い女性などを中心に人気の仕事と言えば「ヨガインストラクター」です。
これは皆さんも想像できるようにヨガのポーズの取り方とか呼吸法などの技術を指導する人のことですね。
今のところ日本でヨガインストラクターになるために免許や資格を取る必要はありません。

 

つまり簡単に言ってしまえばだれでもヨガインストラクターを名乗れるわけです。
しかし当然ですが、ヨガに対する知識や経験、また技術が無いと生徒さんを集めることはできません。
では最低限どんなことが求められるのでしょうか。例えば本当に豊富なヨガのポーズの種類とその効果、呼吸法、歴史などに精通していることが基本です。

 

さらに各生徒さんの特徴を考えて的確なヨガメニューを作ってあげることも重要です。
ですから漫然とヨガのレッスンを受けていてもこのようなインストラクターになる夢はなかなか叶えることができません。
どんな流派のヨガインストラクターになりたいのか決めて、インストラクター向けのプログラムなどに参加することが第一歩になるということができるかもしれません。

 

そのコースやプログラムを卒業すると実際にインストラクターとして雇ってくれる大手の会社もあります。
もちろん資格が無いので面接や実技試験などで実際にその実力を示していかなくてはいけません。
独立を考えるのはそうした場所で指導経験を養ってからでも遅くは無いことでしょう。最近ではヨガスタジオだけではなくスポーツジムなどでも求人を見つけることができるようになっています。